2015年12月30日

今年もありがとうございました

2015年いかがだったでしょうか
私はサーキット遊びを始めまして
転ぶことも無く非常に楽しみました
厄年なのに...
サーキット仲間も出来て世界がより広がりました
毎年毎年もう無いだろうと思うのですが
なんやかんやとしたいことが出てくるもんですね〜
そしてやると楽しさの波が次々と押し寄せ気が付くと年末
お金の問題は誰しもあると思いますが
楽しく使うと入ってくる!という善のスパイラル
なんとなく感じます
老人になってからでもできることは今はしないで
今しか出来ないことを今する
そんな考えで2016も楽しんで行きたいと思います。

そしてこんなパーツが届く最終日
P1130170 (800x600).jpg
XR1200用のパーツでした
http://home.dazmovement.jp/
↑気になる人は覗いてみてくださいDSでも取り扱いできますので

1月5日からスタートします
よろしくお願いします。



posted by DS.K at 13:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

最後の作業

お休みの方ですが
31〜4日までとさせていただきます

本年最後の作業です
P1130163 (800x600).jpg
こちらのエンジンはドラッグも参戦しまして2シーズン経ちました
その間そのまんまでしたが
ちょっと白煙出る時があるという事で来シーズンに向けて分解です


久々にキャブ扱うと...
P1130164 (800x600).jpg
こぼすこぼす...
燃料ホースからフロートの残ったガソリン出そうとしたら
ぴちゃぴちゃ音がしてみたらオーバーフローホースから足にダダ漏れ
お〜っと思ってホースの向き変えたら
こんどはメインチューブからガソリンがじゃじゃ漏れ
3箇所も注意が必要でした


キャブ車に対しての感覚が退化しました...
自分の衣類がガソリン臭い感じ久々です
そして床に落ちたガソリンを拭くとついでに床が綺麗になるという
整備士あるある!

一度休憩

気を取り直して
P1130165 (800x600).jpg
こちらはS&SスーパーG+
でかいですね〜
インジェクションはインジェクターが燃料噴射するので良いんですが
キャブは負圧で燃料を引っ張って行ってもらわないといけないので
あまり大きいと吸い込み力が弱く燃料が入りにくくなる場合があり
でかけりゃ良いというものじゃないんですが
それなりの吸い込み力のエンジンだと何とかなります
フィーリングだけじゃなくタイムも出てきてますから本当です


107エンジン
P1130168 (800x600).jpg
ピストン久しぶり!で終了
明日は掃除と棚卸し的な事をして終わりです


皆様2015年お世話様でした。



あ、そういえば私のFXDB売れちゃったんです
次はどうしましょうかね





posted by DS.K at 17:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

リアサス

とりあえず車両手に入れると
リアサスどうするかな?と悩むと思います
他のバイク達にはないくらいの重量でしかもリア荷重なハーレー
そんなハーレー用のリアサス他車からは流用できませんよね
とくにダイナのサスが問題でして
まずはFXR画像
P1010896 (800x600).jpg
FXRはサスの取り付け位置にホイールのシャフトがあります
だいたい車重は260〜270キロくらいです
(ウルトラなどのバガー系もFXRと同じような位置です)


続きましてダイナ
244 (600x800).jpg
サスの取り付け位置から大分後ろにシャフト位置があります
車重は290〜300位あります

ダイナの方がサスを動かすのに強い力がかかってるのが解るでしょうか?
テコの原理で考えるとわかりやすいです
サスの取り付け位置からシャフト位置までの距離が長いということは
より長い棒でサスをグイグイいじめてるのが解りますよね
FXRのサスをいじめるよりも軽い力で動かせます
と言うことは
FXRのサスペンションよりもダイナの方が
硬いサスでなきゃならないと言うことです

FXRにダイナのサスを使えば硬すぎる!
ダイナにFXRのサスを使えばやわすぎる!ということです

ただでさえ重量がありリア荷重のハーレーのサスなんて無いのに
ダイナの場合よけい無いですよねそんな想定のサス
走りの質を意識した場合満足いかなくて当たり前だと思うんです

バネもダンパーも専用で開発してもらわないといけないかと...
世間一般のバイクの流用も無理だと思います
適応するバネも無いと思います
リバウンドもその硬いバネに合わせてがっちり抵抗出してもらわないといけません


サスについてはきりが無いくらいの色々細かな話がありますが
いろんな状況で完璧なんて無いですから
現実ストリートでは何を目的にするかなんですけど
オーナーそれぞれの狙いどころの満足感しだい
やろうとしたら迷走しながら相当な手間も必要だと思います
だいたいそんな重いバイクで飛ばすな!なんて思われると思います
(重さは最大の敵のレース専門職の人達には)



うちで一番評判いいのが
P1130162 (800x600).jpg
昔からハーレー専用のサスを作ってるところのプログレ970です

本来柔いバネにプリロードかけてごまかすと
初動が硬いのに
本質は柔いバネなので以外にストロークしてて底付きなんて事になります
リバウンドも効いてんだか効いてないんだか解らない何回カチカチしたっけ?
そんな事無いですか

970はダイナに合った硬いバネで
そのバネに負けないくらいの抵抗を出すリバウンド
一番弱い位置から4くらいで十分効きます
町乗りは3〜4で高速ぶっ飛ばす時は4〜5に乗りながら調整できるのも気に入ってます

他にもビックツイン専用設計のサス作ってくれるメーカーあるといいんですけどね...















posted by DS.K at 16:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

ハイフロー

新しい考え方のチューニング内容のTC96ダイナ
P1130161 (800x600).jpg
排気量は抑えて
町乗り時の無駄な熱量(力)を減らし
高速域だけガンガン空気と燃料をマシマシにして
排気量以上?!の効果を発揮させる
そんなプランです

P1130158 (800x600).jpg
ハイフローヘッドですから
もちろんスロットルの口径も
純正の46から54にアップさせます
もちろんインジェクターもです

エンジン始動して完了でしたが
ノイズが大きめでしたので
再調整しました
P1130159 (800x600).jpg
調整は4本やりますので確実に間違いなくやるには集中力が必要です
人間ですからミスる時もありますよね
実際に出来事のほとんどはヒューマンエラーですから
それを出来るだけ減らすのが優秀なのだと思っています。
調整後必ず指で回るか確認するので突き上げミスは無いのですが
緩すぎる場合がありましてやり直しました
1〜周
2〜周...などとやってると2周目なのか2周終わって3周目だったか
わからなくなることもありえまして(ボーっと集中して)
突き上げてから何度戻しとか色々やり方はあります
それぞれエンジン仕様や経験でやり方がちがうと思います


その前に
この車両は強化バルブスプリングのハイフローヘッド
ですがカムプレート&オイルポンプはストック
タペットもストック
でしたのでどうしてもノイズは大きめなんですよね
アイドリング以外は静かですよ







手前の右コーナー160くらいで立ち上がって
上りつつ直線前の高速左コーナー190位に達してて
ストレートでGPS220はいけるかな〜










posted by DS.K at 15:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

雑記

タイでも楽しんでますね〜


ふと思ったんです
速そうなバイク、走り系のバイク、レーシーな仕様、
実際は?はおいといての井戸端会議での評価

なんでも鑑定団を見てて同じだ!と思いました
自分では勉強して間違いないこれは価値がある!もしかしたら想像以上かもしれない
と素人同士で楽しんでるだけならそれはそれで良いと思います
ですが鑑定結果を出しにきた場合
良い場合もありますが悪い場合も...とにかく結果が出てしまいます
空想で楽しんでるにはいいですが結果とは非情なもの
現実を知ってしまいます
それを経験と踏んで人間力を上げていくか
もう二度と..とあきらめるかそれも自由です

バイクも一緒だな〜と
サーキットやドラッグレースは結果が出る場所です
速そうなバイクで速い場合も遅い場合もあり
見た目だけだったなんてのが多いと思います

パーツ選択なんかでもわかります
これ使ってるのにここにこれでは意味無いですよとか
ハチャメチャなんです
結果の世界にいると目線がちがいますから
本質カスタムと
空想チューン&見た目カスタムがよく解ります
ですが良いんです自分で楽しんでるのが一番です
楽しけりゃ仕事行く気にもなりますし休日が楽しみで最高です



D/S的ささやき
本質を知りに行くか知りに行かないかは人生観次第。


 














posted by DS.K at 12:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする