2017年12月11日

1年目

年末と言う事で
忘年会などの飲み会が多いかと思います
忘年会
(その年の苦労を忘れるために年末に催す宴会。)
未来に繋げる為には忘れちゃいけないと思うんですが
人と会って楽しむ行為は好きですから意味は何でもいいですけども
忘年会の時しか会わない人もいたりしてw
面白い会でございます。


前回の続きなんですが
いろいろ調べました所
クランクが許容を超えた振れを発生しておりました
TC96
0.3mmを超えたらクランクを交換せよというメーカー指示
0.5mmでした
どうりでカムプレート外す時に固かったわけです
シリンダーとピストンのダメージに意識を奪われておりましたが
最重要な腰下にも問題がありました
IMG_1293 (600x800).jpg
TC88から
ストローカーのTC96になったのが07年
その初年度の07年のエンジン
10年経過
こういうトラブルが出てくる頃なのかもしれません
じっくり組みなおしたいと思います。


posted by DS.K at 16:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

トラブル

高速でぶっ飛ばしたそうで
話によりますとレブに当った走りのようです
その後から異音がするようになったとの事

ボアアップはしたんですが
ハイスピードツーリングのようにそんなに飛ばさないです
そこそこパワーを楽しめれば
なんて話だったので
最低限のパーツ構成で仕事をさせていただいてました
その後
軽量ホイールとラジアルタイヤ、ブレーキ...
そりゃ走りやすくなります
安定性、安心感も上がります
パワーがあるエンジン
体育会系男子ならどうなるか容易に想像できます
悪いことではありませんまっとうな人間らしい行動です、はい


その異音発生場所から100キロ弱の距離を
控えめな速度で帰ってきた...帰ってこれたようで何よりです。


流してくる分にはパワーダウンは感じなかったようで
ありがちなタペットかな〜
なんて思いながら分解

え〜
IMG_1224 (768x1024).jpg
これTCだよ?!
IMG_1226 (768x1024).jpg
こんな光景みたのは
オイルポンプトラブルしたショベル以来です

燃焼室見ても薄々なトラブルではなさそうで
ポンプも強化していないですし回しすぎて熱を消化できなくなり
油幕切れなのかもしれませんが
なんでしょう
次に繋げる為にいろいろ考えております

15年もやってますから
いろいろなシリンダーとピストンあるんですが
似たサイズのシリンダーとピストン並べて
IMG_1233 (768x1024).jpg
カタカタカチカチとピストンを弄り回しながらエンジン回転時の動きを
この角度だと当るな
この跡はこんな感じで出来たな
メーカーにより横と縦のクリアランス違うな
なんて感じで
イメージトレーニングしておりました


大排気量空冷HD
足回り良くするのは罪なのか..
飛ばすと怖いくらいがむしろ良いのか..
たしかに便利なものになれると人間は退化する
ん〜
危ない危ない
変な所にに繋がってしまいますねw


楽しいひと時
これがどれだけ多いかが良い人生だと信じてるDSです
精進いたします。








posted by DS.K at 15:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする