2021年03月09日

ラバスポ系


作業はXR1200です

ラバーマウントスポーツスターのありがちなトラブル

それはバッテリー端子関係です

バッテリーのマイナス側が奥にあるので
収めてしまうと増し締めすらできません(緩みやすい)

なので外したり取ったりするときは

私の場合はボディーアースから外します
IMG_1511.jpg
これは社外のアース線でして
穴がタイト、締めると潰れてねじ山に食い込んで外れなくなります
案の定
これ外すのに一苦労しました
穴を少し広げてから使用しましょう〜
端子付近が曲がらないので取り回しもしにくいのでお勧めしません


さらに問題は
そのマウント部
IMG_1513.jpg
これが両側ボルトなんです
アース線をしっかり挟んで止めてるつもりでも
このボルト自体が下側のボディーに対して緩んでる場合が多いです

そうすると
アース不良なのに気がつかず原因不明の不調になるわけです。

高年式のスポ
そんなにトラブル起きないんですが大体これです


バッテリーマイナス側の線を収まった時に無理のない角度になるように取り付けてから
バッテリーを収めてプラスをつないで
最後にマイナス線をボディーにつなげるのが良いと思います
IMG_1515.jpg
このようなカラーも面だしして密着を良くすれば緩みにくくなります


その他気になったのが
IMG_1508.jpg
サスのマウントボルトのねじ山がつぶれていました
これも噛んで外すのに苦労しました
交換。


タイヤは最強スーパーコルサに交換しまして
IMG_1518.jpg
調整できないオーリンズから
フルアジャスタブルのナイトロンに交換完了


春ですね〜
posted by DS.K at 11:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする