2019年04月11日

オイル交換


オイル交換の時期です
IMG_5700 (800x600).jpg
オイルも準備してありますよ


オイルがどうのこうのは置いておきまして

DS的オイル交換を細かく説明したいと思います


高年式はこんな感じでドレンボルトにOリングがついております
IMG_5702 (600x800).jpg
潰れておりますので毎回交換いたします

ドレンボルトを外した後に
車体側のねじ山の状態をチェックします

車体側はアルミですのでドレンボルトより弱い材質です

ねじ山にカスが残っていないかチェックし除去します
(締める時に金属カスを挟んでねじ山が潰れる恐れがあるからです)

問題がなさそうならば新品Oリングにオイルを塗ってドレンボルトに取り付けてから
車体側にゆっくり取り付けます
(オイルを塗ったほうがOリングが引っかかって千切れたりネジレにくいからです)
最後にトルクレンチで締めすぎないようにいたします

このときに
シール剤やシールテープは使いません

使用するとそのカスが残って
内部に入る可能性があるからです
ミッションやプライマリーは大したことないですが
特にエンジンオイル側には注意が必要です

ですが
使う時があります

それは
車体側のネジ山がゆるくなってる場合や広がってる場合です
トルクのかけ過ぎやシールテープの使い過ぎなどでなってしまってる場合はしょうがありません
緩んでもれるよりは良いですのでシール剤を使います

旧車はだいたいダメですけども...



プライマリーの蓋の汚れ具合や臭いを見ていろいろ想像したりします(笑)
IMG_5703 (600x800).jpg


言わなくてもわかる!が日本文化ですが
言わないとわからない!のが現在のグローバル社会
言ってみました(笑)


posted by DS.K at 14:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする