2018年03月10日

シーズン

やっと晴れが続きそうな天気予報になりまして
春かな〜と良い気分でございます

車検、整備、カスタムなど動き出す雪国の遅いスタートが始まりました
5月の連休まで!
皆さんのケツが一緒というストレス的な時期でもありますが
天気がいいと気分も良くなりますので冬よりいいですよね

ハイスピードツーリングの定員も埋まりキャンセル待ち状態です
日帰りの方は気にせず参加してください

懐かしい2009の画像です
画像 049 (800x600).jpg
全部FXR


こちらは
画像 051 (800x600).jpg
全部ダイナ


安全に楽しく走れるように仕事をさせていただいて
もうすぐ16年
お客さんが怪我するような事故もなく来れまして良かったです
(後ろからの軽い追突、車からの巻き込まれなどはありましたが
全額相手の保険で修理させていただいた内容ばかりです)

以前に霊感の強い方に仕事した車両の大事故とかないんじゃない?
何かそういう力を感じますよ
と言われた事がありました
よく解りませんでしたが嬉しく思いまして
より急がず慎重に作業をしようと心がけております。


posted by DS.K at 13:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

作業依頼

県外の
プライベーターの方からの依頼です
難しい内容ではなく
タイヤやディスク、油圧計、その他点検
そんな感じです

自分でやっている不安もあるようでして
見てもらいたいとの事でありがたいです。

EXガスケット
IMG_1702 (600x800).jpg
痩せ痩せでした
EXリングも何度か使いまわしたと思われ広がってまして
マフラーの取り付けが不安な状態でした

O2センサー
IMG_1703 (600x800).jpg
凹み、なぜか穴も空いていました


タイヤ交換時に見つけましたのが
IMG_1707 (600x800).jpg
自家塗装のときのマスキングが良くなかったのか
端だけ高い状態のところがありまして
プーリー面とぴったり合っておらず不安な状態でしたので
面出ししておきました


油圧計のマウント部
IMG_1704 (600x800).jpg
オイルが流れた跡があります
やはりネジ部にもオイルが付いた状態でした

内部
IMG_1706 (600x800).jpg

内部の欠けや割れではなくガスケット部からでした
IMG_1705 (600x800).jpg
優秀な純正ガスケットでしたが
この車両はDLなのでメッキなロッカーカバー
メッキ品は縁に盛り上がりがある場合が多く
しっかり面が出ていません
ここもやはり面だしして密着性を上げる必要がありました


こんな感じで終了です
IMG_1718 (600x800).jpg
ここ数年ダイナカスタムの象徴とも言える
T30ラジアル化と大型ディスク化
峠で競うようなハードブレーキングする必要がなければこれで十分です




posted by DS.K at 16:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

そろそろ

3月になりますね
まだ脇には雪がありますが
週末あたりから気温がだんだん上がりそうです

発始動なんかする方も多いかもしれません

そこで
注意点でも
キャブ車はキャブのフロートのガソリンを一度抜く事をお勧めします
数ヶ月間そのままの少量状態のガソリンは
着火しにくく被らせやすいです
そうこうしてるうちにバッテリー死亡...なりがちです

バッテリーが万全状態でも気温が低いので
どうしても暖かいシーズン中よりパワーが弱いですし
オイルも硬い状態なので回転が重いです
悪いことしかない条件の中
久々にキャブ車の始動儀式、勘も鈍ってるはず
全神経を集中してトライしてください

難なく始動が出来た方はキャブ車マスターといえます!
失敗しバッテリーが力尽きた方はインジェクションに乗り換えてください(笑)
在庫車FXDBあります。


posted by DS.K at 18:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

組み上げ

オリンピックも終わりまして
(例のヒルシャーはコースアウト残念でした)


心置きなく作業です
S&Sプレート
IMG_1661 (600x800).jpg
リリーフバルブの強弱を調整できたりします


綺麗な製品です
IMG_1663 (600x800).jpg
ですが油断してはいけません
装着前に点検しますとやはり面が歪んでます(白くなってる所です)


サイドからのメクラねじ込んであるんですが
そこが盛り上がってる場合があります
IMG_1664 (600x800).jpg
ここのオイルラインの受け側のクランクケース側にはOリングが無いので
しっかり面だしします


社外のタペット
IMG_1666 (600x800).jpg
純正は信用ならないのでパワーアップ時には変えたほうがいいです


装着したら
IMG_1668 (600x800).jpg
クランキングしてオイルを回します(ダラダラなるまで)
こうしておきますとすぐに油圧が上がるので初始動時のダメージも最小で済みます


お次は
レボリューション107
IMG_1654 (742x800).jpg
レボリューション107,98だいぶ前から使用しておりますが
ピストンリングの厚さなど変わりましてピストンも変りましたよ
軽さ重視から少し密閉重視になったようです


続きまして
FXDBなのですが
ついでに
IMG_1686 (600x800).jpg
チジミパウダーコート黒をいたしました
純正より少しつやがある感じです



組み上げ
IMG_1689 (600x800).jpg
人気の定番DXのようになりました
チジミ塗装はエンジンノイズを控える働きがあります
news060816ps33.jpg
これも↑そういうことで赤くなってます



いろいろ詳しく書きすぎたでしょうか
DS作業内容をいろんな方に真似られそうですが
整備は作業が終われば何をどうやったのかお客さんには解らなくなりますから
お客さんに見てもらえればそれで良いかと思っています
見える政治...見える整備、伝わる整備
目指したいです。
posted by DS.K at 17:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

オイルポンプ

オイルポンプの
オ で思い出しました
皆様オリンピック見てますか?
日本人の活躍がどうのこうの...もちろんすばらしいです
ですけども
日本のメディアはアルペンを取り上げないという
とんでもない偏向報道をしています(苦笑)
各競技の上位くらいはしっかりニュースで見せて欲しい
そりゃ日本人がぜんぜん活躍できないでしょうけど
アルペンは本来の冬の花形競技なんです
アルペンの回転、大回転なんかは陸上で言う所の100m、200mですよ
私が子供の頃スターといえばカールルイス、マラドーナ
そして冬はアルベルトトンバ!
あのころはスキー場に皆同じスキーが溢れましたロシニオールの7S,4G

それくらいのスターが今いるんですよ
その名もヒルシャー
知らないでしょ全然ニュースしない日本
西洋ではアルペン選手も一流レーサーと同じく年収10億超な世界なんです
すでにアルペン複合と大回転で金金の怪物
そして明日が世界一スキー上手い人決定戦と言える!回転
もちろん最有力選手です
仕事の方は録画して1本目と2本目みてくださいよ〜

アルペンに興味を持ってもらうために
面白かった番組でもどうぞ





熱くなって作業の話のスペースが減ってしまいました(笑)
IMG_1649 (600x800).jpg
TC96のオルタネーターローター
マグネットも薄くて済む構造で良い進化です
TC88までにあったローター千切れトラブルも無いと思います

S&Sのスリーステージオイルポンプ
FullSizeR (650x800).jpg
吸い込み口がスクリーン構造になってます
純正や他社は直吸いです
カム室のトラブル時に
何かの破片など吸い込んでオイルポンプが破損しないようになっております
お勧めですよ

今日はこの辺で



posted by DS.K at 18:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする