2019年01月27日

ヘッド


エンジンをイジッテル感が
最も感じるのはヘッドです

回さない人は必要ないと思いますが
3500、4000辺りから違います
楽に速度がノリます
もちろんエンジン君も楽そうで良い事が多いです
ノーマルヘッドですと高回転のエアフローがドン詰まり状態
高回転キープは効率が悪いので発熱もしやすいですよ


もちろん見た目もちがう!
本気だこの人!と感じさせますよね

きっと仕事も効率よくデキル人だろう
そこまで思わせるはずです(笑)



S&Sヘッド
IMG_5108 (640x480).jpg
そのままではなく
バルブスリ合わせしまして
純正ロッカーカバーを使う場合のちょいと加工をしました


分解していましたら
IMG_5107 (480x640).jpg
ブローバイ通路のOリングが潰れてるのを発見
ブローバイオイル多かったんじゃないでしょうか
今回の分解で発見できてよかったです

人間が作って人間が組み立てたり修理したりするのですから
何かしらヒューマンエラーの可能性は有りますよね
できるだけミスの可能性を減らす心構えと対策を考え
そして実際にミスが極少な人をプロだと思っております
精進いたします



完成
IMG_5131 (640x480).jpg
キャブとハイフローヘッド
混合気を送り込む楽しさ満載です
速いも遅いも乗り手しだい
楽しんでください。



posted by DS.K at 12:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

ロング


ハーレーといえばローダウン
昔はそういうノリが当然でしたよね
べたっと足を地面につけて立ちゴケなんかありえない

Uターンは思いよりも半径が大きくなり耐えきれずコケたりする...
アルアルでした


今は純正時よりも車高を上げる人も多く
純正のスタンドでは車体が傾きすぎて
車体を起こすのに重さ倍増
出かける初っ端テンション下がる事になります

そこで車高アップにあわせたサイドスタンドを探すんですけど
ローダウン用スタンドしかなかったんです
スタンドを曲げたり下駄かませたりDX用を使ったり

しかしですよ
アフターパーツが豊富な車検の無い国のハーレー様
そのうち出るんです必要なパーツが!
ロングスタンド

そりゃ使いますよ
IMG_5086 (480x640).jpg
おすすめです
バイクを起こす角度も減るので重いダイナも楽なもんです


ですけどもリアサス上げすぎはいけませんよ
曲がりやすくなるとお思いかもしれませんが
トレールを気にしてください↓
https://www.mc-taichi.com/moto/eng/trail.html
キャスター角ばかり気にしてる方が多いようですが
トレールが最も重要です
キャスターが超立ってるSSバイクでもトレールはしっかりあるので300キロでも安定してるんです

ハーレーのツリーのオフセット量でキャスターが立つとトレールが凄く減るんです
リア上げても減らないようにフォークが長くなってるのがDXです
フォーク長くないのにリア上げるとDXよりトレール減るんですよ
あとはツリーを変えるしかありません

その辺の関係を理解するにはこんがらがるかもしれませんので
私に聞いてもらえれば各車両での適正なリア車高量をアドバイスさせていただきます
気軽にどうぞ。




最後に
バイクに乗れない冬の暇つぶしに聞いてみてください

いつも昼飯の時にこんなのをいろいろ探して聞いてるんです
そうだと思いますし良い考え方だと思いました(笑)











posted by DS.K at 13:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

予定外のトラブル


予定の電気系作業をしていました

これはこれで初製品の取り付けだったので
不安ながら取り付けして稼動テストしてたら

あれ?
ライト点いてないな

取り付ける配線間違ったか?
いろいろ確認してましたら

ライトのヒューズ死んでまして
新しいのを入れてONするとパチッとまた飛ぶ

オーマイガッ
ハマリマシタ...



今度はライト系の配線を調べます

調べてると怪しい箇所が
IMG_5089 (480x640).jpg
きちんと付いてなくて動いてたり

こんな所も見つけたので
IMG_5092 (480x640).jpg

やり直したり
IMG_5097 (480x640).jpg
怪しい箇所は見つけて直しましたが
ヒューズが飛ぶ原因ではないようで


ならば後ろかな
FullSizeR (615x640).jpg
テール球がねじれて強引な入り方をしてたのできちんと入れなおしたら
ヒューズ飛ばなくなりまして解決!

結局私がやった作業とは関係の無い原因で良かったとホッとしました

その間
使って死亡したヒューズ
IMG_5098 (480x640).jpg
6個
まだまだ未熟です
ヒューズ減らせるように精進いたします



今回のようにハマッタとき
若い頃は何だよ〜面倒だな〜なんて思って予定外の作業を恨みますが
今は
よし勝負だ!
自分の能力を試す良い機会だ!と楽しむようにしています
必ず良い経験になりますしね



お疲れ様です。
posted by DS.K at 18:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

重いクラッチ

ストップGOが多い日本では
クラッチをよく握りますよね

乗り始めて新鮮なうちはハーレーはこんなもんだ
と我慢して乗りますが
慣れてくると苦痛で乗りたくないマイナスポイントになってしまいます

我々の仕事はカスタムで幸せを!がモットーです
マイナス要素をプラスポイントにしてさしあげましょう

点検分解
IMG_5055 (480x640).jpg
プライマリーカバーの裏側です

汚れがこびりついてブラッククロームのようになってます
この汚れが発電系に悪さするのでまめにプライマリーオイルは交換しましょう
アメリカ基準ではミッションオイルと一緒で良いなんて事聞きますが
日本はストップGOが凄まじく多い環境です
駆動系の消耗や負担も違いますから
DS基準としてはエンジンオイルと一緒の周期での交換をお勧めいたします


お次はクラッチのダイアフラムスプリングのチェックです
IMG_5056 (480x640).jpg
TCなのに凄く重かったんですよ
整備していないEVOレベルでした
ワイヤー類は潤滑し
スプリングの厚さを調べ薄いものにしまして物理的な重さを軽くします
しかし
ただ軽くしただけではこれからパワーアップするので滑る可能性があります
そこに遠心力で圧を増すVPクラッチを追加します
信号待ちや通常速度域では軽いまま
回転上げて飛ばした時だけ強くなる構造です

バネの厚みとVPの種類のマッチングは
車両内容と使い方にあわせてプロ16年の経験で選択させていただいております


一つ一つプラスになるカスタムして
バイク乗って楽しいポイントを積み上げていくと
乗りたくなりますし
充実したシーズンになると思います。


posted by DS.K at 13:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

鍛造

車のホイールでも鍛造(FORGED)なんていうと
ぐんと値段が上がりますよね
RAYSとかBBSなど

簡単に言いますと密度が濃いので薄くしても強度があるので軽く作れるということです

詳しい鍛造ホイール説明↓
http://www.gooparts.com/parts-navi/tire-wheel/119.html


鍛造を履かせてる車見ると
できる!と思ってしまいます(笑)


サイズ変更の定番ホイールのGLIDE
IMG_5051 (480x640).jpg
もちろん鍛造です
できる!ホイール

製品レベルを例えるならば
インスタントラーメンと手打ちラーメン位の差です
カスタムの箔もあがりますよ


さらに
ここに純正の1ピースディスクでは軽量化の邪魔もしますし
余計に純正ディスクが目立っちゃいます
FullSizeR (559x640).jpg
2ピースで中央部がアルミ鍛造で熱も逃がし軽い
これまた
できる!ディスクでカスタムの質をレベルアップ
工業製品としてのこだわりを理解してる人は変えずにいられないと思います


実際の走りもよくなりますし
パーキングなんかでは国産走り系の人も2度見するはずです(笑)

ハーレーに鍛造!俺の鋳造...走りのこだわりで負けた...
posted by DS.K at 17:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする